個人投資家学習日記

2008年1月より1年9ヶ月で株式取引を通じて1500万円の資金を1億円まで増やす予定のBlogです。その短期間で1億円に到達した場合、プリウスを新車で購入したい。(他のエコカーをチョイスする可能性も否めず)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週の始まり

さあ12月第一週が始まろうとしています。
僕はデイトレはほとんどやらないので、がんばるがんばらないではなく、単純に相場についていくだけなのですが、株式市場が動いていると、興奮するものですよね。

さて、今週の僕の目標は、そのやらないデイトレードを一回でもいいのでやってみようということです。デイトレードをするためだけに、資金の一部を株式購入に使わずに寝かしてあるのです。

今週は先週出遅れていた鉄関連とブリックス関連に注目です。相場のトレンドが変わったのかどうか?また、メガバンクはどう動いていくのか?

よい結果に終わってほしいものです。

希望錬金術

週に5%ずつ資産額をアップすることができれば、4週で20%の資産増になります。一ヶ月に資産額に対して20%ずつ利益を出すことができれば、一年で1500万円の資金は1億円を越します。考えうる最良のシナリオはそういった、一年間で6倍のペースです(笑)!。(レバレッジをきかせた信用取引はしません。空売りは今後行う予定です)

月20%の利益の維持←月15%の利益の維持←月10%の利益の維持←月5%の利益の維持←月の利益無し←月の損失5%←←←←月の損失10%以上←塩漬け突入

兎に角、損失の出る月を一年に一度も作らず、時々月20%の利益を出していけば、2年で1億に到達する可能性はそれなりにあります。月平均10%で利益を出していけば、2年目の9月に1500万円の資産は1億円を越えます。ただし税金、手数料、口座からの現金の引き出しは考慮に入れていません。

税金は確定申告で年一回の納付、口座からの現金の引き出しは本年度12月より取得利益の10%を引き出していこうと思います。一ヶ月の成長率が10%だった場合、9%に減少、20%なら18%に減少します。利益が300万出れば30万円。100万円出れば10万円です。このお金だけで生活をすると仮定した場合、月200万円くらいの利益を出していきたいところです。また、50万円くらいになってくると、かなり黄色や赤信号が点滅し始めます。

プリウスの購入などを考えると、月1000万円くらいの利益が出てこないと、恐ろしくて買えないような気がします。ということは、5000万円から1億くらいの資金に膨れ上がらなければ、プリウスなどは決して買えないということです。1000万円の利益が三ヶ月連続で出て、ようやく浪費可能な300万円の資金ができて、なおかつ生活費もそこから捻出されるわけですから、僕のプリウス購入は、2009年9月の資産1億円突破予定日がきてもあやしいもんです。

月10%ずつ利益を出していくと、1年9ヶ月での利益額が8500万円で、850万円が1年9ヶ月間での引き出し金額となります。一月あたり40万円平均です。プリウスを300万円と仮定すると、やはりちょっと厳しいですね。余裕がありません。投資家は貧しいといいますが、資産の増加効率を考えると、どうしても自身の支出に回すお金が減っていくんですね。

ということで、短期間で1億円を作ることができたら、プリウスを買おうと思います。プリウスのよいところはBMWやベンツに比べて安く、なおかつ、エコカーということでそれらの車に劣らぬステータスを持つことができること。さらに、燃費が極めていいので、安心して乗っていられることです。普通は貧乏性である投資家にとって、理想的な買い物ではないかと思います。

11月26日~30日の結果

今週の結果です。

先週からの持越しと、今週の新規買いのみで、
利益確定は一切していません。
実は、思ったように値が動かなかった銘柄について、
ほとんど損きりに近い利益確定を行おうとしていたのですが、
たまたま10円差で指値が入らず、次の日急激に値が上がりました。たまたまですが、ラッキーでした。セクターごとの相場が一日でがらりと変化したのです。

そこで、利益確定は見送り、さらなる高値を待つことにしています。

この12月~1月にかけては浪費予定があるので、なんとか30万円くらいのお金を使える状態にしておきたいものです。。。月300万円の利益は今の状態ではしかし、なかなか出せないでしょうね。。。利益の10%だけ口座から引き出す自己ルールを適用しようと思っています。

今週金曜日14,554,484
先週金曜日13,753,264
差引利益(含み益含む)801,220(+5.8%)

11月最終日

株日記をつけてみようかと思います。

この一年間任天堂鬼ホールドだけで株式の利益を出してきましたが、ここに来て任天堂の利確を行い、その資金をどこに振り向けるか最近まで考えていました。

そこで僕の取った選択は、スイングとデイトレという方法でした。今のところ、スイングっぽい取引にはなってきているのですが、他の皆さんのようにデイトレまではできていません。

ころあいをみて試したいと思います。

今月の中頃に試し買いで9万円の儲けを出しました。
投資金額は100万円程度でなおかつ三日で結果が出ました。
今年末大納会までに300万円の利益確定を出すことが今年の目標です。年間利益を1000万円の大台に乗せたいからです。

スイング取引を始めてから今日までの二週間で含み益は75万円になっています。はじめてのスイング経験としてはぼちぼちの内容ではないかと思います。

大納会まで残り4週間です。その間に300万円の利益確定を出すことができるでしょうか?

買持越し
銘柄名 評価損益(参考)
大平金 156000 7.4%
コマツ 144000 5.7%
三菱商 192000 8.2%
みずほ 276000 13.1%
大証 -3000 -0.2%
合計   +765,000円 +7.1%

売持越し(信用口座がまだありません)
なし

口座残高 14,554,484

任天堂中間決算

http://toushihaken.cocolog-nifty.com/blog/2007/07/post_f0ea.html
これが前回決算時に書いた内容です。
おおよそ、予想通りに株価が動いたので、自己満足(笑)。

今日は時間がないので細かくは書けませんが、比較してみます。
結論から言うと、(今僕がホールドしていないせいもありますが)任天堂株の買い入れは危険だと思います。

今期第二四半期上昇率
売上高 111.05%
営業利益 156.21%
経常利益 35.35%
純利益 34.47%

今期第一四半期上昇率
売上高   160.0%
営業利益  214.7%
経常利益  302.3%
純利益   416.0%

ご覧の通り経常利益の伸び率が著しく減っています
また、第一四半期と第二四半期を単純に比較すると
     売上高  営業利益 経常利益 純利益 一株純利益    
20第一  340439  90631   131449  80251  627.45
第二   354364  98153   83927   52170  407.91

となっており、売り上げは横ばい、純利益はなんと下落しています。為替差損と在庫抱え込みがあるのではないかと思います。

売上高については、昨年度の同時期の伸び率よりもわずかに減ったくらい、実のところ、かなりがんばっているとは思うのですが、単純によいペースで成長しているようには思えません。

去年のこれからの時期が3ヶ月で50%くらいの上昇だったと思うのですが、これが、30%くらいに減る、という風には思えないからです。

第一四半期に比べて売り上げが横ばい、純利益が大幅減少ということを考えると、第一四半期の結果の最大部分である7万円台よりも3ヵ月後任天堂株が上にいっているとは、僕には思えないのです。

さらに、ここまでは昨年のWiiが発売されていない頃のDSだけの片肺飛行の時期との比較での、上昇率の議論でしたが、次の第三四半期からはWiiが大ヒットした時期との比較になります。

大変残念なことですが、WiiもDSも販売台数が毎週毎週落ち込んでいっています。

よっぽどのことがない限り、今期の第三四半期の売上高が昨年の売上高を越える事はないのではないかと思います。勿論超える可能性もありますし、仮に落ち込んだとしても、悲劇的な差は出ないかもしれません。しかし、そうだとしても、この議論をしている時点で明らかなのは「すでにかつての成長ペースではない」ということです。

かつての成長ペースであれば、年末株価、8万円10万円と予測できたのですが、それは多分難しいでしょう。

今時間がなく、数字で明確にこの3ヶ月の予想株価を書く事は難しいのですが、6万5千円から5万5千円といったところではないかと思います。これは、前期との比較で感覚的に感じるところです。

さて、次の投資先をどうしたものか。。。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。